SAMPLE CAFE

配信メルマガサンプル


Vol,028 「アクティブリスニング」


★☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓★
☆★☆
★☆ 「アロマを仕事に」~セラピストのための情報箱~
☆ vol.028(2014.11.8)

■アクティブ・リスニング■

JAS 日本アロマコーディネータースクール
本部事務局・事務局長 平山 恵
http://www.aroma-school.com/
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓★☆★☆
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////
こんにちは、JAS ヒラヤマです。
11月に入り、一段と寒さが増してきましたね。
空気の乾燥も強くなってきましたので、
皆さま、お風邪を召されないようお気をつけくださいね。
私が原稿を書いている今日、11/7 は、「鍋の日」なのだとか^^
例年、11/7 が立冬になることが多いという理由から、
「めんつゆ」でおなじみの食品メーカー・ヤマキが設定したそうです。
この時期になると、食事の場では鍋を囲む機会が増えますね。
北海道出身の私は、鍋と言えば「石狩鍋」を真っ先に思い浮かべますが、
最近は、「餃子鍋」「トムヤムクン鍋」、はたまた「やきとり鍋」など、
毎年目新しい鍋が登場するのも冬の楽しみですね^^
さて、今日は「アクティブ・リスニング」をテーマにしてみたいと思います。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アクティブ・リスニング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
アクティブ・リスニングとは「積極的傾聴」のことを指し、
単に耳に入れるのではなく、「身を入れて聴く」という意味です。
人の話を聞くことは「受身」と考えてしまいますが、
実は話をする側よりも、聞く側のほうが多大な負担(ストレス)がかかります。
日常会話のように、ポジティブな話題を交換する場合ではなく、
自身が聞き手に徹する場合は、相手が何らかの問題を抱えていて、
相談や愚痴などネガティブな話題を聞かされているときで、
ネガティブな話題を聞き続けるのは、ラジオや音楽を耳にしているのとは違い、
相手の気持ちを理解しなければならないという、相当な負担がかかります。
そのため、負担から解放されたい気持ちから、
途中で口を挟んで話をストップさせたり、
自分に負担のない話題や流れ、考え方に修正しようと、
通常は途中で聞き手という役割を降りてしまいます。
「聞き上手」というのは、相手の考えや気持ちを優先して、
自らの判断や評価、考え方をいったん外し、
相手の心情を全面的に受け入れることを思い浮かべますが、
ここに「理解」が加わることで、さらに相手の本音を引き出すことができます。
ところが、この「理解」が、聞き手に慣れるまでは非常に難しいところです。
私たちは相手の話を聞いているときに、無意識に「自分」という
フィルターを通して、話題や思考の好き嫌い、共感・不快感を判断し、
心の中が共感・批判・興味・落胆・攻撃などで非常に忙しいことになっており、
相手の話はところどころ抜け落ちて(聞き逃して)いることが多いです。
アクティブ・リスニングでは、忙しくなる自分の心をいったん横におき、
聴くという言動を「積極的に行う」という考え方です。
聞き手側となった際は、視線やあいづち、質問、スキンシップなど、
積極的に話しやすい雰囲気をつくることで、
相手は「分かってもらえた」と安心感が生まれます。
的確なアドバイスよりも、心の支えに感じられ、
予想以上に自分への信頼度・相手との関係性が高まる効果が期待できるとか。
アクティブ・リスニングを上手く行うコツは、
リスニング回数を重ね、聞き手の役割に慣れること、とのことで、
「テクニック」というよりは「スキル」というところでしょうか。
セラピストとして既に仕事をしている方は、
意識せずとも、すでに取り入れられている方ばかりと思いますが、
育児・介護・サービス業・営業職・上司部下・同僚との関係性など、
日常の様々な場面で、コミュニケーションの第一歩として効果を発揮しそうですね。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
それでは皆さま、また次回、お会いいたしましょう!(≧∇≦)b
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
日本アロマコーディネータースクール
http://www.aroma-school.com/
東京都豊島区南池袋 1-25-9 今井ビル 8F
TEL:0120-387-503(携帯・PHS も OK)
☆JAS フェイスブック
https://www.facebook.com/aromacoordinator
☆JAS ツイッター
https://twitter.com/jas_aroma
☆JAS サポートセンター長のブログ
http://ameblo.jp/jas-aroma/
●配信停止を希望される方は本文 1 行目に「配信停止」と入力し、返信してください。
※掲載記事の転用・転載はお断りいたします。
★☆「配信停止」以外のこのメールへの返信・ご質問はご遠慮ください★☆
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
Copyright(C)Japan
AromacoordinatorSchool All Rights Reserved.

無料メルマガ「セラピストのための情報箱」登録フォーム

JAS日本アロマコーディネータースクールで15年のアドバイザー経験を持つ本部事務局長からJASの約20年にわたる資格者育成・輩出実績を元に、アロマライセンスの生かし方やアロマビジネス情報を不定期配信にて(月1~2回)お届けいたします。これから資格を目指す方も、すでに資格をお持ちの方もご自由な形でお楽しみ下さい。

(半角英数字)

※個人情報のお取り扱い
「個人情報保護法」の趣旨に基づき個人情報を厳重に管理しております。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール